私だけのオリジナルウェディング!国内式場の選び方

理想のウェディングをサポートするブライダル情報サイト

オリジナルウェディングにおける国内式場やプランナーの必要性

一般にオリジナルウェディングとは、オーソドックスなウェディングプランに基づいて定型化されたスタンダードな式とは異なり、式場や式のプログラムまで、新郎新婦の意向を反映させるために新郎新婦がプランニングすることを基本とするものの、ある程度のフォーマットも存在します。

基礎的なオリジナルウェディングの知識

オリジナルウェディング最大の売りがその自由度の高さにあることを踏まえるなら、既存の式場を利用する必要性は薄くなりますし、ウェディングプランナーを介して式をプランニングする必要もないとお考えになる方が多いのではないかと思いますが、オリジナルウェディングは自由度の高さから、新郎新婦のオーダーも千差万別で、既存のウェディングプランに多少手を加えたプランで満足する場合もあれば、既存のウェディングプランとは全くかけ離れた、まさにオリジナルウェディングとしか形容しようのないプランを追求することもあります。

この時、既存のウェディングとの共通箇所が多いオリジナルウェディングの場合、ポピュラーなウェディングプランを雛形にすることができる可能性が高いため、素直に国内の式場やウェディングプランナーに相談してみるのがベターでしょうし、仮にオリジナルウェディングの名にふさわしく、既存のウェディングプランを利用しなかったとしても、式場自体に強いこだわりがなければ、国内式場は無難な式場として候補足りえ、オリジナルウェディングを扱うウェディングプランプロデュース会社なら、オリジナルウェディングのプランをコンセプトの段階からプランナー相談でき、オリジナルウェディングにありがちな、費用面や式のプランニングの不備といった失敗の要因をあらかじめ回避できる可能性が高まりますので、オリジナルウェディングを挙げるとしても、明確なヴィジョンと事前計画が無ければ、国内式場を会場としつつ、プランナーと相談しながらオリジナルウェディングをプランニングするのも選択肢の一つです。

いかに自由度の高さが最大の魅力となるオリジナルウェディングも、国内式場やウェディングプランナーを要しないとは限りません。

オリジナルウェディングのメリット・デメリット

テンプレート化された結婚式はよほどのトラブルに見舞われない限り、式が失敗するリスクが小さいことが最大の特徴であるのに対し、オリジナルウェディングは自由度が高い分、新郎新婦の理想に近い式を挙げやすくなるメリットがあるものの、費用の増加や来賓への配慮不足などの失敗の可能性もデメリットとして伴うのです。

国内での式場探しやプランナーを交えた失敗の回避

オリジナルウェディングといえども、新郎新婦によってこだわる部分は異なりますので、式場に強いこだわりが無ければオリジナルウェディングに対応した式場もあるため、国内のフォーマルな結婚式場も十分に選択肢に入りますし、プランナーと相談することで失敗のリスクを抑制可能でしょう。

TOPへ戻る